ふるさとワーキングホリデー

只今ワーキングホリデーで来られている野村さん。

東京の昭和女子大学の2年生です!



なんと今年成人式だったそうで、それを聞き「若っっ!」と思いました。

成人式…なんていい響きだこと。もう随分遠い昔の出来事のように感じます(笑)


ちなみに「ワーキングホリデーなのになぜ日本の田舎!?」

という疑問を持たれた方は以下のリンクをご参照ください。

ワーホリなので通常はとくらの仕事をお手伝いして頂いています。

宿泊やカフェのお客様に提供する食事の準備をおこなったり、


宿泊部屋やカフェスペースの清掃


農業も手伝います!

トラクターはもちろん初の乗車でしたが、とっても運転が上手で驚きました。

これは農業女子の素質あり!?

宿泊されたお客様と新山地区の散歩をおこなったり、夜に晩ご飯を一緒に楽しんだりと、早速交流を深めていたようで嬉しい限りです。

また、近所の農家さんの畑に遊びにいったり地域の方々と道端でお話をしたりと、仕事以外の面でも地域を感じてもらえているようです。


彼女自身も初めての経験ばかりで大変なこともあるかと思いますが、その若さを存分に発揮してスポンジのようにいろんなことを吸収してほしいですね。

私たちとしても、フレッシュな力が加わるのは純粋に元気がでますし、彼女から学ぶことも多いように感じます。

千葉県に住む東京の大学生とこうしてつながることって、よくよく考えたらすごい確率かなあと思います。まさに一期一会。

またとない良い機会だと思って、残りの数週間を一緒に過ごしていきたいですね。


☆以下、野村さん自己紹介

===============================

こんにちは!庄屋屋敷とくらでワーキングホリデーを1ヵ月(2/21~3/21)させていただきます、東京都昭和女子大学で福祉を学んでいる野村夏海です。好きな動物は犬です!自宅がある千葉県では13歳のダックスを飼っています。新山で犬の散歩をしている人がいたら一緒にお話ししながら歩きたいと思っているのでその時はよろしくお願いします!

この1ヵ月は、とくらでゲストハウス運営、カフェなどのお手伝いをしながら、自分が興味のある地域福祉の視点で日々学んでいきたいと感じています。具体的には少子高齢化に伴う過疎化進行や、空き家などの社会問題において、問題を発見し課題解決にいたるまでの思考を身に着けられるようにしたいです。このような難しいことだけではなく、地域の方々とたくさんの時間を共有することも大切にしながら過ごしたいと思っています!

実際に新山に来て、見て、感じたことは地域の繋がりが強いことです。関東では簡単には生まれない地域の輪が、当たり前に存在していることを目の当たりにしました。隣の家の人の名前や家族構成など分からないことが当たり前の関東は、新山の当たり前と全然違うなと思います。今は地域の方々と関わる中で優しさを感じ、新山は居心地の良い空間だと思っている最中です。もうすでに千葉に帰るのが寂しいですが、最後まで地域を感じていきたいと思うのでよろしくお願いします!

0コメント

  • 1000 / 1000